本文へジャンプします。




現在位置: 釣りTOP > 魚攻略ガイド > アオリイカ

魚攻略ガイド

(監修:まるかつ

魚種名 アオリイカ
地方名 シロイカ

分類 ツツイカ目ヤリイカ科
体長 15〜50センチ(胴長)
分布 北海道以南
釣り場 沖(浅場)/堤防/磯
アオリイカ
アオリイカ

説明

イカの王様と呼ばれるほど味が良く、特に刺身が美味い。寿命は1年と言われているが、2〜3kgの大きさになるものもいる。アオリイカの生態はまだ詳しく解明されてはいないが、シロイカ、アカイカ、クァイカの3種があるらしいと考えられている。昔から餌木と呼ばれる和製ルアーを使った漁が行われていたが、ここ数年、船からこの餌木を使った釣り方が定着し人気の釣りとなっている。また、防波堤などからキャストして釣る釣り方を「エギング」と呼んで楽しむ人たちも多い。形から、コウイカの仲間と間違えやすいが、ヤリイカやアカイカと同じ仲間である。


特集アオリイカ

シーズンデータ

シーズンデータ

タックル

一日中手持ちで誘う釣りで、1m程の専用シャクリ竿が主流だが、最近ではイワシメバル用などのロングロッドを使って、大きな誘い幅の優位性を生かした釣法も人気。いずれの場合も、バット部分が短いとシャクリ動作がしづらく、手首などへの負担も大きくなってしまう。リールは、PE2号が100m巻ける小型両軸リールが適している。

仕掛け

道糸の先に中オモリ(8〜15号を水深、潮の速さで使い分ける)を接続し、ハリス(フロロカーボン)4〜5号3〜5mで餌木をつなぐ。ハリスの長さは、船長に指示される場合があるので船上で用意するか、あらかじめ複数の長さのものを用意しておく。

ハリスの太さと道糸の太さのバランスが悪いと、根掛かりした時に道糸が切れたり餌木をロストしやすくなるので注意する。餌木は3号、3,5号、4号をイカの大きさと水深で使い分ける。色はピンク、オレンジ、ブルー、グリーン辺りが定番だが、澄潮時はピンクやブルー、濁潮時はオレンジやグリーンが良いと言われている。使われている素材や背側、腹側の色、形など餌木のバリエーションは多く非常に釣人を悩ませるところだが、反面選んだ餌木で乗せる事ができれば喜び倍増だ。初めて買う場合はピンクとオレンジは必ず押さえたい。
まるかつのこだわり仕掛け

中オモリは8号、10号、15号を用意、ハリスはフロロカーボン4号と5号をそれぞれ3、4、5mで複数用意している。ハリスは片側に小型のスナップ付きサルカンを接続、もう一方を約7cmのチチワにしてこちら側に餌木をつなぐようにしている。

餌木は、迷いすぎて『餌木地獄』に陥らないよう天気、潮色、その日の感性を元に4〜5本チョイスしている。大きな餌木には大きなイカが来ると信じて(根拠は無いが)3.5号、4号が中心。
仕掛け
仕掛け 餌木

エサ

エサは使わず、餌木(擬似餌)のみで誘う。

つり方

釣れました! まず餌木を潮下に投げ入れ、続いて中オモリを潮上に軽く投げ入れる。当然だが、左右の人の仕掛けに注意しながら投入を行うこと。リールをフリーにして、中オモリに引かれてハリスが張ったまま餌木が沈んで行くようにする。
船長に上からのタナが指示される場合は、道糸のマーカーで正確に中オモリまでのタナを取る。この場合はハリスの長さが統一されているので、指示通りに餌木が底から1〜2mのエリアを漂う事になる。
指示が無いか又は底からのタナを指示される場合は、中オモリを底まで沈めてから急いで糸フケを取り、そこからハリス長さ+1〜2m(指示があればそれだけ)タナを切る。
タナ取りが決まったらシャクリ動作に入るがエビが海底からピョンと跳ね上がり、ゆっくりと海底に向かって沈んで行くようなイメージ、または弱った小魚が底近くからスーッと泳ぎ上がり、ユラユラとヒラを打つように沈むイメージを頭に思い描くと良い。シャクリ上げる動作は早く(ショートロッドでは短くキレ良く、ロングロッドでは長くややゆっくり)、続けて竿先を下げて中オモリを沈めてやると餌木は中オモリに引かれてゆっくりと斜めに沈んで行く。
想像だが、イカはこの動きをずっと見ていて落ちてゆく餌木に抱きつくと思われる。数秒後(潮の速さにもよるが)、ハリスが張り沈みきったところで次のシャクリに入る。この時イカが抱いているとズシッと大きな衝撃を感じる事ができるはずだ。万が一触りだけ感じて乗らなかった場合は慌てることなくシャクリ上げた竿先を戻してやると再度抱きついてくる事が良くあるので必ず試してもらいたい。
イカが乗ったら後は緩めることなく一定のスピードで巻き上げる。特に、巻き終わって中オモリを手に取り、ハリスを手繰り始めようとするときバラしてしまう事が多いので注意する。最後はタモでしっかり掬って一丁上がりだ。
アオリイカは根の周りに付いているので、マメにタナを取り直して根掛かりさせることなく泳層に餌木を置く事が重要。ナイスサイズ1杯あれば、様々な極上アオリ料理が楽しめるので、掛けた獲物は確実に取り込むようにしよう。

アオリイカをターゲットにした「つり通信」の記事一覧

アオリイカの新着釣行日誌

釣行日誌を書くとここに掲載されます。会員になってあなたも釣行日誌を書いてみましょう

アオリイカの新着釣果情報

アオリイカの関連情報を調べる   




おすすめサービス

パチンコ・パチスロ新機種情報
777@nifty

婚活、出会い情報が満載!
@nifty恋愛・結婚

オトナのニュースを発信中!
夕刊ガジェット通信


  • 永浜いりあ公式ブログ
  • はじめてフィッシング

推奨画面サイズ 1024×768 以上