本文へジャンプします。




現在位置: 釣りTOP > 魚攻略ガイド > イサキ

魚攻略ガイド

(監修:まるかつ

魚種名 イサキ
地方名 イサギ

分類 スズキ目イサキ科
体長 20〜50センチ
分布

東北以南

釣り場 沖(浅場)/堤防/磯
イサキ
イサキ

説明

水深20〜60mくらいの潮通しの良い岩礁帯を好み、大きな群れを作る。最大50cmくらいまで成長するが幼魚は黄色い縞がありウリンボと呼ばれる。5〜6月が釣りやすく、眞子や白子を持ち旬と言われるが、筆者は冬から春にかけて腹にびっしりと脂を持った寒イサキのほうが味は上だと思っている。その方が産卵期の種の保存にも良いのではないだろうか?(眞子の煮付けや白子の塩焼きも捨てがたいが)刺身、塩焼きは言うに及ばずどんな料理も美味しい魚だ。我が家では干物の評価が大変高い。


特集イサキ

シーズンデータ

 シーズンデータ

タックル

地区にもよるが60〜80号のアンドンビシやプラビシを使うので、オモリ負荷30〜50号で2m前後のコマセシャクリ竿が適している。 水深も20〜60mなのでPE3〜4号が200m巻ける中型両軸リールが良い。
混雑していない時に船長の許可を得れば、道糸をPE2号以下にし、小型のプラビシにオモリ30〜40号のライトタックルで釣るのも楽しいバリエーションである。但し、柔らかめのライトタックル専用竿の場合は、コマセの出が十分になるようにビシの調整と振り方の工夫が必要になるので注意も必要。

仕掛け

中型の片天びん使用の2〜3本バリ吹流し仕掛けを使用する。ビシの大きさやハリ数は地域によって制限があるので、必ず釣行前に船宿で確認すること。例えば外房エリアではビシはサニービシのFLサイズまででハリ数は3本までになっている。
ハリス1.5〜3号で全長2.5〜3.5m、ハリはムツバリ9〜11号又はチヌ2〜3号、枝スは30cmで直結かクロスビーズなどを使って接続する。 ビーズ類などのデコレーションも効果がある。

まるかつのこだわり仕掛け

ハリはムツ10号(あじ船頭という緑のハリ)、ハリスは高品質なナイロン(フロロカーボンではなく)1.75号、接続はクロスビーズ(小)で3本バリ。 仕掛けの全長は3m30cmで天びんから、150cm、90cm、90cm、枝スは30cm。 デコレーションはケイムラビーズ(小)又はハードタイプの夜光玉グリーン2号、天びんと仕掛けの間に1.5mm×30cmのクッションを入れる。

仕掛け
仕掛け

エサ

代表的な餌はイカ短だが、オキアミも効果的。しかし、外道が多い時などはオキアミはエサ持ちが悪くなる。バイオベイトも効果的なエサで幅3mm長さ1cmと細長くカットして使うと良い。 イカ短は4mm角にカットして使うが、特エサとして自家製塩辛をバイオベイトと同じサイズにカットして使うと効果がある。また、船宿によってはマンボウの皮を配る場合もある。(これは硬くてエサ持ち抜群。)

つり方

釣れました! ビシの調整は、下の放出口は締めて上の放出口を1/2で開放、コマセを八分目ほど詰める。ギュウギュウに詰めるとコマセの出が悪くなるので気をつけること。船長の指示したタナ(上から××m)よりも3m下まで道糸のマーカーを見ながら正確に下ろし、仕掛けが潮に馴染むのを待って(5秒程度)、コマセを振り出す。その時の潮の流れをイメージしてコマセの中に仕掛けが漂うように操作する。
コマセを振ってから1〜2m巻上げると丁度良い場合(比較的潮が緩いとき)もあるし、指示タナでコマセを振ってそのまま待つと良い場合(潮が効いているとき)もある。船長が指示したタナを中心に下に3m上に2mの幅5mの範囲でコマセを振りながら探っていき、食いダナを早く見つける事が肝心。
この探りを2往復して上げたときに、コマセが少しだけ残っているようなビシの調整がベストである。コマセがたくさん残る様であればコマセの振り方が弱いか、しっかり振れている様であれば下の放出口を少し緩める。逆に出過ぎるようであれば上の放出口を1/3にする。
周りが釣れていて自分だけ釣れない時は、タナが狂っているかコマセが出ていないかのどちらか。特に道糸のマーカーを見てタナを取るため10m単位で端が切られていないと狂ってしまうので注意すること。またデジタル表示の水深カウンタを鵜呑みにして失敗する事もある。
食いの渋い時はあまり追い食いを待たず、掛かった魚を確実に取り込んで手返しを心がけるが、食いが良い時は1匹目が掛かっても軽くコマセを振り、追い食いを待つ。また、魚が掛かると暴れてコマセが振り出されるという相乗効果もある。
多点掛けをする事で、食いの良い時間帯に効率的に釣るようにする。
3匹掛かった時は、一番上の魚の上と、二匹目三匹目の中間を持つようにして一気に取り込む。
イサキは背びれ等が硬く、持つ時に手を痛めやすいので腹側から持つようにすると良い。

イサキをターゲットにした「つり通信」の記事一覧

イサキの新着釣行日誌

釣行日誌を書くとここに掲載されます。会員になってあなたも釣行日誌を書いてみましょう

イサキの新着釣果情報

イサキの関連情報を調べる   




おすすめサービス

パチンコ・パチスロ新機種情報
777@nifty

婚活、出会い情報が満載!
@nifty恋愛・結婚

オトナのニュースを発信中!
夕刊ガジェット通信


  • 永浜いりあ公式ブログ
  • はじめてフィッシング

推奨画面サイズ 1024×768 以上