本文へジャンプします。




現在位置: 釣りTOP > 魚攻略ガイド > カサゴ

魚攻略ガイド

(監修:まるかつ

魚種名 カサゴ
地方名 ガシラ、ホゴ、アラカブ、ガガネ

分類 カサゴ目フサカサゴ科
体長 20〜30センチ
分布

北海道南部以南

釣り場 沖(浅場)/堤防/磯
カサゴ
カサゴ

説明

岩場に住み、障害物の陰や穴からギョロリとした目で獲物を探し、大きな口で餌を一気に飲み込むタイプ。この仲間は深さや環境で体色が変わるので、深場ほど鮮やかな赤い色になることが多い。体は棘も多く顔も厳ついが、きれいな白身でとても上品な味わいである。背開きにしてから揚げにすると、ヒレや小骨もぱりぱりしていて美味しい。もちろん味噌汁にしても最高だ。カサゴ釣りは、根掛かりを恐れていては釣れない。軽い根掛かりは強く引かず、道糸の張っている方向と反対に、チョンチョンと軽くあおってはずすテクニックも必要だが、オモリと予備の仕掛けをしっかり用意して臨むこと。根魚釣りの基本中の基本である。


特集カサゴ

シーズンデータ

シーズンデータ

タックル

狙うポイントの深さにもよるが、オモリ30号で10〜30m位を釣る事が多い。オモリ負荷20号の1.8〜2.4mの先調子竿が扱いやすい。柔らかめの竿だと、ハリ掛かりしたカサゴが根に潜るのを防ぐために竿を起こすタイミングが遅れ、せっかくの獲物と仕掛けを同時に失うことになる。しかし竿先まで硬いと、食いついた時に違和感を感じたり、波の上下動を上手く吸収してくれないので、柔らかく敏感な竿先は不可欠。リールは、PE3〜4号が100m以上巻ける中小型両軸リールが適している。

仕掛け

幹糸3〜4号、ハリス2〜3号20〜30cmムツバリ15〜16号の胴付き2本バリ仕掛けが基本。捨糸は根がキツイポイントでは長め、比較的フラットなポイントでは短めにする。


まるかつのこだわり仕掛け

幹糸4号で枝間50cm、上糸・捨糸30cm、ハリス3号30cmムツバリ15号またはネムリセイゴ13号の2本バリ。接続は中型のクロスビーズを使い、替えハリスをたくさん用意して根掛かり時に簡単に交換できるようにしておくこと。夜行玉等のデコレーションは使わない。

仕掛け
仕掛け

エサ

サバ、サンマの短冊、小型のシコイワシ、キビナゴ、ドジョウなどが一般的。

つり方

釣れました! まずエサの付け方に注意したい。短冊エサは端の中心に、魚エサは下あごから上あごへ中心線に沿って刺す。これができないとエサが水中で回転してハリスがパーマし、魚の食いが極端に悪くなる。また、仕掛けの消耗も激しくなるので注意すること。
カサゴは、岩場や根の中の障害物で暮らしている魚だ。ジッとして斜め前方を睨み、視界にエサが入ってくると驚くほど俊敏に突撃する。咥えたり齧ったりするタイプではなく、一気にエサを飲み込もうとするので、ハリが口の中に入りさえすればハリ掛かりは容易だ。実際、アタリを待っていてゴツゴツと明確なアタリが送られてくるので、竿先を上げるとグングンとハリ掛かりする。この分かり易さが、初心者からベテランまでカサゴ釣りに魅せられるゆえんかもしれない。
しかしその反面カサゴ釣りにつきものなのが根掛かりであり、これをいかに避けながら釣るかということが永遠のテーマであると同時に醍醐味でもあるので、嫌がってばかりはいられない。根掛かりを怖がらず、積極的に底を攻めていこう。船が流されるとともに、複雑な海底をトレースするように竿と仕掛けを操作する。特に、ストンと落ち込むようなところは絶好のポイントなので、しっかり仕掛けを送り込んでやる。
しかし、そのまま仕掛けを引きずると確実に根掛かりするので、アタリが出なければスーッと仕掛けを浮かせて次の場所へと導いてやること。また、ゴツゴツとアタリがあってもハリ掛かりしなかった場合は、直ぐにまた送り込むこと。エサが残っていれば食いついてくる事も多いので、諦めずに試してほしい。
釣り上げたカサゴはトゲが多く、素手でつかむと怪我することもある。そこで親指を口の中へ入れ、下あごをしっかり持てば安定するので、ハリをはずしやすくなる。

カサゴをターゲットにした「つり通信」の記事一覧

カサゴの新着釣行日誌

釣行日誌を書くとここに掲載されます。会員になってあなたも釣行日誌を書いてみましょう

カサゴの新着釣果情報

カサゴの関連情報を調べる   




おすすめサービス

パチンコ・パチスロ新機種情報
777@nifty

婚活、出会い情報が満載!
@nifty恋愛・結婚

オトナのニュースを発信中!
夕刊ガジェット通信


  • 永浜いりあ公式ブログ
  • はじめてフィッシング

推奨画面サイズ 1024×768 以上