本文へジャンプします。




現在位置: 釣りTOP > 魚攻略ガイド > スルメイカ

魚攻略ガイド

(監修:まるかつ

魚種名 スルメイカ(ムギイカ:若齢個体)
地方名 ムギイカ、マイカ、ニセイカ

分類

ツツイカ目アカイカ科

体長 10〜30センチ(胴長)
分布

日本各地(琉球列島を除く)

釣り場 沖(水深80〜150m)
スルメイカ
スルメイカ

説明

胴の中央がやや膨らんだ筒型をしている。エンペラの形が、トランプのスペードの形に似ており、2本の触腕が長いのが特徴である。かなり獰猛な性格で、ヤリイカと同じく小魚を捕食するが、落ちてくる魚より、上へ上へと逃げる魚を追う性格である。したがって、釣り方は大きく激しくしゃくること。水深80〜150mの岩礁混じりの砂地を回遊するが、時間帯によって泳層が変わるので、底から中層まで広く探ること。沖干しや沖漬け、塩辛、肝炒めなどは、スルメならではの美味しい食べ方である。初夏の小型をムギイカ、その上のサイズをニセイカなどとも呼ぶ。

シーズンデータ

シーズンデータ

タックル

スルメイカはイカ類の中でも活発に動き、かつ性質も獰猛だ。活性が高いと落とし込みでも良く乗るし、シャクリも底から中層まで、大きく激しく動かすイカ角に良く反応する。また、一度に数が付く事も良くあり、引きも強いので、竿は丈夫な物がいいだろう。ムギイカの時期には50〜80号のオモリで浅場を狙うこともあるが、基本は120〜150号のオモリが使われる。
オモリ負荷100〜120号の、胴のしっかりとしたイカ竿やアジビシ竿の中から先調子の竿を選ぶ。長すぎるとモーメントが大きく疲れるので、1.5〜2mの長さがしゃくり易く疲れにくい。
リールは、多点掛けでも途中でストップしないような巻上げ性能の高い中型電動リールに、PE5〜6号が300m巻けるタイプがベストマッチだ。

仕掛け

ブランコ仕掛けと直結仕掛けがある。
ブランコ仕掛けは幹糸5〜6号枝間1.2m、ハリス3〜4号10cmで14cmまたは18cmのプラ角(ムギイカは11cm)を使う。上糸、捨糸共に1mで、角数は腕との相談だが5〜8本。

直結仕掛けはブランコに比べて幹糸を太めにし、枝間を1.2〜1.5mと長めにする。下の部分は6号以上で、これは強度アップと、取り込み時緩めないように手繰りこむ為、絡みにくささを優先するためである。角は14cmまたは18cmを使用。角数は6〜12本と多めにして、効率よくタナを探るようにする。


まるかつのこだわり仕掛け

ブランコも保険で持参するが、スルメはほとんど直結仕掛けで釣っている。角は14cmまたは18cmで、幹糸は下から6、8、10、12号と徐々に太くなるように作る。枝間は1.5mで角数は8〜12本。

仕掛け
仕掛け プラ角仕掛け 仕掛け投入器

エサ

エサは使わない。狙うスルメイカのサイズに合わせて、11cm、14cm、18cmのプラ角やスッテを使い、小魚に見せかけて抱きつかせる。

つり方

釣れました! イカの仕掛けは全長がとにかく長い。まずはこの仕掛けの取り扱いに慣れる事が大切で、技量に合わせて徐々に角数を増やして行けば良い。外房エリアのブランコ仕掛けの釣りでは移動時はマットに刺し、吹き流しでやらせる船も多いが、投入器があると移動時も投入時も安心だ。ブランコ仕掛けはカンナが下を向くように入れるが、直結仕掛けは逆でカンナが上を向くように入れるようにすること。
魚探で群れを見つけると、船は後進に入れて急ブレーキをかける。これが、アナウンス前のサインである。いつでも投入できる準備をし、このサインを待つこと。ここで初めてオモリを手にし、投入のアナウンスと同時に投げ込む事ができるように、心の準備をする。投入したら、竿先を下に向けて少しでも抵抗を少なくし、早く仕掛けを底まで送り込む事ができるように配慮する。特にブランコの場合はサバに捕まる確率が高いので十分に注意し、それでも捕まってしまった場合は、ためらわずに巻き上げる事。
スルメの活性が高い時は底近くで角を抱き始め、オモリが底に届かなくなる事がある。このような状態を「イカが受ける」と言い、次々に角に飛びついて多点掛けが狙える。慌てずに糸を緩めない程度に送り込み、頃合を見計らって巻き上げに入りたい。ズッシリとした重量感で、竿が折れんばかりに曲がりこむはずだ。
無事に着底した場合は糸フケを取ってシャクリ動作に入るが、ブランコの場合は、角が段を付けて上に泳ぎあがるようなイメージで竿先を水面からリール動作で頭上までシャクリ、止めて、の繰り返しだ。ヤリイカより強く早く動かすのが基本だが、潮具合によってはソフトなシャクリのほうが良い事もあるので、その日のヒットパターンを探っていろいろ試したい。
直結も、手巻きで同じような動作で良いが、電動のスロー巻上げに、小刻みなシャクリ動作を加えた「電動直結」と呼ばれる釣法が楽で、効果も抜群である。
底から反応の出ている30m位までを探り、また落としてを繰り返すのだが、イカが乗ると衝撃がズシンと竿を叩く。複数乗った時などは次第に竿が曲がり込み、視覚的にも興奮すること間違いなしだ。そのまま巻き上げ動作に入る。バッテリー消耗は激しいしリールの寿命も短くなるが、是非マスターしたい釣り方である。
イカ釣りは、乗せる事ができても上手く取り込む事ができるかどうかが勝負どころだ。慣れるまでは、
  1. 仕掛けを緩めないこと
  2. 仕掛けを巻き上げ終わってからロッドキーパーに竿を掛けないこと
  3. できるだけ早くイカを船内に入れること

に注意する。慣れてきたら、これに加えて、

次の投入にスムーズに移行するための動作や、仕掛けを絡ませないための注意点を覚えていけば良い。そのためにも、直結仕掛けで角数を6本程度にしておくほうが初心者向けだろう。

スルメイカをターゲットにした「つり通信」の記事一覧

スルメイカの新着釣行日誌

釣行日誌を書くとここに掲載されます。会員になってあなたも釣行日誌を書いてみましょう

スルメイカの新着釣果情報

スルメイカの関連情報を調べる   




おすすめサービス

パチンコ・パチスロ新機種情報
777@nifty

婚活、出会い情報が満載!
@nifty恋愛・結婚

オトナのニュースを発信中!
夕刊ガジェット通信


  • 永浜いりあ公式ブログ
  • はじめてフィッシング

推奨画面サイズ 1024×768 以上